驚きと共感を、会場から外へ。

展示会 SEMICON JAPAN 2022 日本半導体製造装置協会ブース 

SEMICON JAPAN 2022 日本半導体製造装置協会ブース

「SEMICON JAPAN 2022」に出展した「日本半導体製造装置協会(SEAJ)」ブースの企画・デザイン・施工。

お客様の課題

半導体業界では、活況が続く一方で、多くの企業がリクルートに関する課題(人材不足など)に直面しています。そこで2022年の「SEMICON JAPAN」出展では、ターゲットを学生や若手社員に設定。新規人材の確保や若手社員の定着という目的のもと、「半導体業界の魅力」をわかりやすく伝える企画や仕掛けが求められました。

ムラヤマの提案

ターゲットと同世代の若手社員を中心に企画・制作チームを編成。「半導体業界で働く魅力を、等身大の感覚で知っていただく」という目的の実現に向けて、オリジナルマンガをメインとした体験プランを提案しました。
様々な「半導体業界あるある」が詰め込まれたストーリーは、まず会場内で大きな話題に。さらに、メディアの取材記事やSNSなどを通じて会場外へも拡散。業界関係者はもとより全国各地の学生や学校関係者にも「半導体業界の魅力」を発信することとなりました。

ブース内に屹立する巨大コミック。マンガのストーリーでその世界観に引き込みました。
ポップなデザインや大胆なブース設計により、来場者の興味を喚起。会場内でも一際目立つブースとなりました。
半導体の製造工程や最先端の技術を、模型や映像を用いてわかりやすく解説。
お客様へのヒアリングをもとに「半導体あるある」をストーリー化。主人公は、日本半導体製造装置協会のキャラクター「はんぞうくん」。
主人公以外のキャラクターはオリジナルで開発。「パワー半導体」や「超純水」など半導体業界にまつわるモチーフを擬人化しています。漫画(作画・構成)うぐいす歌子

CREDIT

件  名: SEMICON JAPAN 2022 日本半導体製造装置協会ブース
事 業 主 : 日本半導体製造装置協会
業  種: 展示会ブース
業務範囲: 企画・デザイン・設計・施工・グラフィック・映像制作
場  所: 東京都(東京ビッグサイト)
オープン: 2022年12月
写真撮影: J-LIGHTS / 板村光一郎
 
PROJECT MEMBER
アカウントマネージャー: 山元一樹
プランナー      : 塚本万里
デザイナー      : 井上遼祐
テクニカルディレクター: 林要

Pickup Articles

学生が創る! 商店街PR動画制作
MEMBER REPORT
古き良き遊園地に新しい風を
商業施設 / アミューズメント

NEXT

PEOPLE

クリエイター紹介

View More