戦争の記憶を、今と未来へ語り継ぐために

ミュージアム / ショールーム 平和祈念展示資料館運営業務 

さきの大戦における、兵士、戦後強制抑留者および海外からの引揚者の労苦を語り継ぐための展示施設。

お客様の課題

関係者の労苦を物語る様々な資料を次世代へと引き継ぎ、より多くの国民の理解を深めるための展示・運営プランに加え、その実現に当たっては国との協議・調整、関連施設等との連携も求められました。

ムラヤマの提案

「誰もが知っている我が国最高の歴史博物館を目指す」というコンセプトのものと、様々な施策(実物資料、グラフィック、映像、ジオラマ等)を提案。来場者の理解・満足の向上を第一義に、来場促進までも視野に入れたプランで「誰もが知っている」の実現を目指しました。

3つの視点で大戦の労苦を物語るプロローグ。当時の写真と体験者の証言により、来場者の実感に訴えかける構成に。
壁面は明るめのストライプウォールを採用。容易に展示替えのできる仕様とした。
戦後強制抑留者が実際に用いていたスプーンの展示、照明によってディテールを浮かび上がらせ、抑留生活の様子をリアルに伝えます。
希望者には解説員による展示解説を実施。
多くの展示を「撮影可」とし、来館者のSNS等による情報発信を可能に。

CREDIT

件  名: 平和祈念展示資料館運営業務
事 業 主 : 総務省
業  種: 公共施設
業務範囲: 運営
場  所: 東京都 新宿区
オープン: 2018年3月(リニューアル開館(新宿住友ビル33階に移転))
写真撮影: J-LIGHTS / 板村光一郎
 
PROJECT MEMBER
アカウントマネージャー: 吉本倫之
デザイナー      : 関崎聖二

Pickup Articles

学生が創る! 商店街PR動画制作
MEMBER REPORT
古き良き遊園地に新しい風を
商業施設 / アミューズメント

NEXT

PEOPLE

クリエイター紹介

View More