ここから、未来へ。 「New Emotion」プロジェクト、はじまる。〜NE Story Vol.01〜

EMOTION Text by:松本 聡

企業も事業も時代とともに変化しなければ生き残れない。 時代や環境の変化は進化のチャンス。そうわかっていても、変化することは難しい。 リスクへの不安や「まだ大丈夫」という思い込みから、一歩が踏み出せない……。しかし、ムラヤマは、コロナ禍という未曽有の事態の中、新たな可能性を求めて変化への一歩を踏み出しました。これまでの歩みのその先に、新たなフィールドを拓くべく、自主コンテンツ企画「New Emotion」プロジェクトを始動。現在、企画実現に向けて様々な挑戦を続けています。

コロナ禍から生まれた、最初の一歩。

2020年4月に緊急事態宣言が出たことで、大規模なイベントはもちろん様々なプロジェクトが一気に中止となり、ムラヤマは一時休業を余儀なくされました。このような状況で抱いた「どうしたら生き残っていけるのか?」という危機感が、すべてのはじまりです。多くのクライアントが活動を極度に抑える中、待っているだけではどうしようもない。だったら、みずから企画を立て、自分たちが発信源となってコンテンツを生み出そう。今までに培った体験デザインの経験や知見を活かし、あらたな展開を模索しよう。こうして「New Emotion」プロジェクトは生まれました。

New Emotionプロジェクトが目指すのもの。

これまでムラヤマは、リアル空間で様々な「体験づくり」を手掛けてきました。この「体験づくり」の経験をベースに、現実世界とヴァーチャル世界といった垣根を超え、時には物理的な制約も超え、これまでにないまったく新しい体験をつくり出すこと。そして、その体験を通じて、今まで誰も味わったことのない感情や感動(New Emotion)に出会ってもらうこと。それが、「New Emotion」プロジェクトの目指すところです。少し大げさかもしれませんが、「未来の感動」を生み出すプロジェクトといえるかもしれません。

プロトタイプ構築に向けて進行中。

New Emotionプロジェクトは、いわば「この世に存在しないものを生み出す企画」ですから、どんなに丁寧に構想を説明したとしても、多くの人から「それって結局、どんな体験なの?」という疑問を投げかけられます。しかし、そういう疑問も当然といえば当然。なにしろ、誰も見たことにないものを作ろうとしているのですから、言葉だけでは説明にも理解にも限界があります。そこでムラヤマでは、まず3つのコンテンツ企画を立ち上げ、そのプロトタイプを構築することで具体的な体験イメージをお伝えしたいと考えました。

鳥や狐などの生き物にトランスフォーム(変身)することで、生身の人間では決して味わえない、まったく新しい感覚や感動を体験する『NATURE & REBORN』。 現実世界のしがらみも、対人関係のわずらわしさや気遣いも、生身の自分自身さえも、すべてを脱ぎ捨てた状態になれる体験空間『BRILLIANT FAMILY』。 ヴァーチャル空間を舞台に、第二の人生のプランを疑似体験し、その実現に向けて第一歩、第二歩を踏み出すことのできる場所『Second Life Challenge Area』。

いずれもまだまだ構想段階ですが、プロトタイプの構築に向けて、現在、様々な角度から模索が進んでいます。 これらの企画がどのように進化し、現実化していくのか?『SCAPE』では、現在進行形でその歩みをお伝えしていく予定です。ぜひ、New Emotionプロジェクトのこれからにご注目ください。

point of view

これまでムラヤマは、様々な方々とのパートナーシップやコラボレーションによって多くの感動を生み出してきました。これと同じく「New Emotion」プロジェクトも、その実現には多くの人とのつながりが欠かせないと考えています。

一緒に開発を進めるパートナー、事業化に向けたスポンサー、同じようなビジョンを思い描くクリエイター、あるいは「ちょっと話を聞いてみたい」ということでもかまいません。

このプロジェクトに興味を持った方は、ぜひお声がけください。最初はどんなに小さな接点だったとしても、人と人の出会いの先にきっと新しい未来があると、私たちは信じています。

Pickup Articles

学生が創る! 商店街PR動画制作
MEMBER REPORT
古き良き遊園地に新しい風を
商業施設 / アミューズメント

NEXT

WORKS

空間づくりと体験づくりのソリューション事例

View More