天王寺動物園内に2021年にオープンした学習施設「TENNOJI ZOO MUSEUM」。動物の標本展示やキッズライブラリーなどでの体験を通して、様々な気づきや学びを生み出します。

お客様の課題

SDGsや地球環境問題への関心の高まりから、近年、動物園における環境教育の役割が重視されるように。レジャーとしての動物への視線を、同じ地球上の一員に対する「尊い生命」という価値観へとシフトさせる展示デザインが求められました。

ムラヤマの提案

見て読んで学ぶだけでなく、楽しみながら学べる体験型の展示プランを提案。天王寺動物園の社会教育機能を高めるとともに、園全体の魅力向上につながる施設を目指しました。

ファサードでは、様々な動物のシルエットなどで生物の多様性を表現。アジアゾウ「ユリ子」の骨格標本に合わせて、半身レプリカを再現。展示什器“ZOO-BOX”は、表と裏で標本への視点が変わる展示構成。表面では「からだ」「たべもの」「すまい」の3項目から動物の姿を想像します。“ZOO-BOX”の裏面では、標本とともに解説を見て絶滅危惧種の動物たちについて理解し、学びを深めます。親子が楽しく学び憩うことのできるキッズライブラリー。乳幼児向けのプレイスペースも。収蔵庫そのものを展示コンテンツとする「見せる(魅せる)収蔵庫」。今後の標本の入れ替えを想定し、展示替えの容易なツールを整備しました。

 

(2021年12月現在、新型コロナウイルス感染症対策により、一部レイアウトの変更や展示されていないものがあります。)

CREDIT

件名 :天王寺動物園学習棟 TENNOJI ZOO MUSEUM
事業主:大阪市建設局
業種 :文化施設(博物館/科学館/美術館/動物園等)
業務範囲:企画・デザイン・設計・施工
場所 :大阪府(天王寺動物園)
オープン:2021年3月
写真撮影:YCP / ムラヤマ 塚本万里

Pickup Articles

NEXT

PEOPLE

クリエイター紹介

View More